スチームファーストMEMO

スチームクリナーで家中をきれいに

スチームファーストは定期的にカルキ除去!

スチームファーストの蒸気が急に出なくなって。そういったトラブルは多いそうです。

スチームファーストはスチームクリーナーの中でも古参で、その分高い品質が保証されているイメージだったので、これは意外でした。

しかし、詳しく調べてみると、原因は使用者の側にあると分かりました。

言い換えると、定期的にメンテナンスをしなかっただけなんですね。なんでも、スチームファーストは数あるスチームクリーナーの中でも珍しく、蒸留水だけではなく水道水もそのまま使える仕様となっている反面、メンテナンスを怠ると水道水の中に含まれているカルキ成分が結晶化して、タンクやノズルの内部に付着してしまうそうです。

つまり、蒸気の通り道がカルキの結晶によって塞がれるため、上手く稼働しなくなるということです。

ただ、メンテナンスと言っても大変な作業ではないみたいです。なぜなら、カルキ除去パウダーという専用グッズが、1袋600円程度とお手頃価格で既に販売されているからです。

具体的には、カルキ除去パウダーを溶かした水をスチームファーストに入れた後で稼働させるだけで良いそうです。

そのため、スチームファーストは月1回の頻度でカルキ除去が必要ですが、実際はそこまで面倒ではないみたいです。

スチームファーストはカルキ除去パウダーでメンテナンス! 

スチームファーストは、使用に際する手間が少ないという点でも人気を集めているそうです。具体的には、大半のスチームクリーナーは給水する前に水道水を沸騰させて蒸留水にする必要があるところ、スチームファーストは水道水をそのまま使えるみたいです。

ただ、そうして水道水をそのまま使えるために、スチームファーストは定期的にメンテナンスをしなければいけません。

なぜなら、水道水に含まれているカルキ成分が結晶化して、ノズルや本体内部に蓄積して行くからです。

仮にメンテナンスを怠ると、蒸気が上手く出なくなり故障に繋がってしまうのだとか。

しかし、カルキを除去すると言ってもカルキ除去パウダーという専用グッズが既に販売されているため、スチームファーストを細かく分解する必要はありません。

しかも、カルキ除去パウダーを溶かした水を入れれば、後は一定時間スチームファーストを通常通り稼働させてパウダー成分が溶けた蒸気を行き渡らせるだけで足りるみたいです。

そのため、スチームファーストは月1回の頻度でカルキ除去パウダーによるメンテナンスが必要とされていますが、メンテナンス自体に時間はかからないため実際そこまで面倒ではないそうです。

スチームファーストはカルキで壊れる!?

スチームファーストは、蒸留水しか使えない他大半のスチームクリーナーと異なり、水道水もそのまま使えるそうです。

そのため、使用に際する手間が少ないという点も、スチームファーストの最大の魅力なのだとか。

確かに、給水前にいちいち沸かさなければいけないのは面倒ですからね。

ただ、スチームファーストを暫く使用していると段々蒸気の出が悪くなったという声が、ネット上には一定数見られます。

酷い例だと、そのまま一切蒸気が出なくて故障したというのもありました。ただ、この原因はスチームファーストそのものではなく、使用者のメンテナンス不足にあるみたいです。

具体的には、水道水に含まれているカルキ成分が結晶化してスチームファーストの機体やノズル内に張り付いて蒸気の道を塞いでしまうため、定期的にそのカルキを除去する必要があるんですね。

となると、何だか大変そうなイメージを抱きがちですが、実は案外その作業は簡単だそうです。

なぜなら、カルキ除去パウダーという専用グッズが1袋600円程度とお手頃価格で販売されていて、後はそれを溶かした水を入れてスチームファーストを一定時間稼働させるだけで足りるからです。

ただし、水道水を使う以上カルキの蓄積は避けられないため、このメンテナンスは月1回行うべきとのことでした。

スチームファーストMEMO一覧

この記事も読まれています